どうしてもオムツをしなければならない時

カテゴリー
ペット 犬
Hand drawn illustration of dog with diaper

オムツは本当は良くない。

だけどどうしてもオムツをしなければならない。

そんな時の注意事項。

陰部に気を付ける(女の子)

女の子のオムツは、お尻をすっぽりと覆うタイプのオムツです。

実はよくあるトラブルとして、糞がオムツの中に入ってしまう事があります。

避ける方法は、肛門部分を広げる事。

方法は色々ありますが、肛門部分を広げるという方法。

そうすれば、糞がオムツの中に入る確率が減ります。

そして何より一番大切なのは、オムツのサイズをピッタリにする事。

少しでも大きいとズレてしまいますし、小さいと股ずれを起こしてしまいます。

痛いのは想像が付きますよね?

だからサイズは計ってから買いましょう。

もし大丈夫であるなら、人間用のオムツをカスタマイズしても可。

しかし出来るだけ、犬用オムツを買うのが良いでしょう。

人間用オムツの代用は、緊急事態用にして下さい。

確かに人間用オムツの方が、コスパが良いです。

犬用オムツは人間用の倍以上します。

しかし人間用オムツより、犬用オムツを使うのがオススメ。

特に子犬の内はオムツをさせないのが賢明。

子犬ならトイレトレーニングをさせれば、簡単にトイレを覚えてくれます。

子犬の内から楽をしない事ですね。

そしてオムツが合わない犬種がいるのも事実。

例えばウエストが細い犬種。

ウエストが合わなくて、オムツがズレるパターンが多いです。

逆にウエストが太い犬種も、合わないパターンがあります。

事前にサイズを計り、調節をして使いましょう。

マナーベルトを付ける(男の子・女の子)

オムツがよくズレる。

ワンちゃんがオムツを嫌がる。

そんな時、マナーベルトで固定するのが良いでしょう。

マナーベルトは、洗濯する事を考えて、2枚揃えると衛生的です。

特に男の子は、マナーベルトを舐める癖があります。

唾液で濡れたマナーベルトを使うのは、不衛生。

常に乾いた、清潔なマナーベルトを使いましょう。

男の子だとマナーベルトとオムツの間から、尿が漏れてしまうというトラブルがあります。

原因はワンちゃんがオムツを噛む事。

こればかりは防ぎようがありません。

女の子は脱げてしまう事があります。

すると一緒にオムツも脱げてしまい、オムツの役割を果たさないという事があります。

ですから、オムツとマナーベルトのサイズはしっかり調節しましょう。

男の子でも履くタイプのオムツを使っている場合は、マナーベルトは慎重に選びましょう。

今は男の子用でも、履くタイプのオムツを売っている店もあります。

どれを選ぶかは、飼い主さんの考え次第。

しかし尿は防げても、糞は防げません。

必ずオムツから出るようになっています。

そこは人間のオムツと大きく違う所ですね。

何でもかんでもオムツに頼るのは止めましょう。

出来ない事もあるのです。

特にワンちゃんは、元々老犬になってからオムツを履くという考えの元作られている場合が多い。

若い内にオムツを履かせるのは、練習だと思って下さい。

ワンちゃんもオムツ慣れしておけば、後々楽です。

人間と一緒では無いのです。

マナーベルトを破いたら?(男の子・女の子)

やんちゃなワンちゃんの中には、マナーベルトを破く子がいます。

そういった場合は、マナーベルトを諦めましょう。

何度も買い直す事も手ですが、マナーベルトは高値

オムツ代だけでも高いのに、マナーベルトを買っていたらコスパが悪いです。

ですからその場合は、マメにオムツを変える方法を取りましょう。

オムツは実際に調べてみたら、確かに高いです。

しかしそれでもオムツをさせたいと願うなら、消費は惜しまない事。

オムツをさせるのは、人間のエゴ。

それを忘れないで下さい。

マナーベルトを破くのは、オムツをしたくないというワンちゃんの自己主張。

それを尊重してオムツを止めるなり、オムツを続けてもすぐに交換したり。

色々と工夫する方法はあります。

仕事柄、長時間オムツをさせないといけないという事もあるでしょう。

しかし本来なら、そんなに長時間働く人は、ワンちゃんを飼う資格は無いのです。

ワンちゃんはさみしがり屋。

長時間のお留守番は、心身に堪えます。

ワンちゃんを迎えれば、良い事が沢山あるでしょう。

しかし悪い事もあるのです。

安易に飼わない事。

マナーベルトを破くという事は、それだけオムツが嫌という事。

ワンちゃんの牙なら、簡単に破けるのです。

それをしないのは、ワンちゃんがお利巧にしているから。

ワンちゃんの無言の主張にも、耳を傾けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました