おむつの注意点

カテゴリー
ペット 犬

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2102696776387383″ crossorigin=”anonymous”></script>

人間用のおむつでも代用は出来ます。

しかし出来ないパターンもあるのです。

目次

1:人間用おむつの代用が利く犬種の特徴

2:人間用おむつの代用が利かない犬種の特徴

1:人間用おむつの代用が利く犬種の特徴

小~中型犬の大体が、人間用おむつに対応しています。

しかし全犬種が対応している訳ではありません。

子犬の時は特に、人間用おむつが適応しないパターンが多いです。

ですから子犬のうちからおむつを履かせるのなら、犬用おむつにするのがオススメです。

子犬なら、トイレトレーニングでトイレを覚える可能性は高いですが…。

それでも「おむつが良い!」という人は、犬用おむつを履かせましょう。

人間用はまず大き過ぎます。

新生児用でも無理でしょう。

ちなみに我が家のワンコは、新生児用でも大きいです。

だからトイレトレーニング中。

引き取ったのが成犬だったので、覚えるのに時間がかかるのです。

引き取ってから6年経ちますが、未だにトイレを失敗します

何せ大切な子犬の時代に、トイレの躾を受けなかったのですから。

ですから叱るのではなく、無視をするのが一番

犬は無視を嫌います。

叱るよりも効果的。

本来なら、もうおむつを履かせても良いのですが、サイズが無い。

人間用おむつは諦めております。

でも中型犬サイズに近いダックスを飼っている、知人のお宅は人間用のおむつを履かせています。

4㎏サイズ用幼児のおむつと、大きさがピッタリらしいです。

新生児サイズだとウエストが足りないとか。

目安とすると中型犬が、一番人間用おむつが履ける可能性が高いでしょう。

小型犬はケースバイケース。

ミニチュアダックスフンドなら、サイズによっては人間用おむつが履けます。

しかしヨークシャーテリア位になると、まずありません。

新生児用でもすぐに脱げるでしょう。

そういった場合は、犬用おむつにするのが経費のかからない選択ですね。

人間用おむつは、犬のために作られてはいません。

犬用おむつが高いので、そのための代用品として人間用おむつがあるのです。

本来なら、犬用おむつすら買えない人は、犬を飼う資格はありません。

しかしおむつは消耗品。

少しでも節約できるのであるのなら…というので、この方法を紹介しています。

犬用のおむつは、大体20枚で2千円位します。

人間用おむつは、100枚前後で1200円位です。

コスパの良さが分かりますね?

だからおむつが大量に必要な場合は、人間用おむつで代用できるなら代用した方が吉。

余談ですが、柴犬は履けるおむつがある可能性が高い。

大きさが幼児用のおむつと合致する場合が高いのです。

しかし個体差があるので、絶対とは言えませんが…。

目安として下さい。

2:人間用おむつの代用が利かない犬種の特徴

子犬・超小型犬はまず合いません。

一番小さなサイズでも、すぐに外れます。

それなら最初から、犬用おむつにした方が良いです。

チワワはほぼ間違いなく、サイズは合いません。

あとはウエストが細い犬

ダックスの中でも、カニンヘンダックスは無理でしょう。

サイズが違いすぎます。

スタンダードダックスなら、サイズがあるかも知れません。

しかしダックスは基本的に、合わないと思っていて問題無いでしょう。

我が家のワンコもダックスですが、新生児用でも大きめですね。

あと尻尾を通すための穴を開けなければいけませんが、面倒な人は素直に犬用おむつを買いましょう。

位置がズレると、尿が漏れてしまうというトラブルになります。

何度もトライ&エラーを繰り返して、自分のワンちゃんの尻尾の位置を把握しましょう。

それしか方法はありません。

言っておきますが、非常に面倒です。

我が家のワンコも面倒でした。

しかしコスパを考えて、おむつの穴開けをしました。

結局は、サイズが合わない個体だという事が判明。

大量に買った、新生児用のおむつの居場所がありません。

安物買いの銭失い、ですね。

今度はちゃんとした、犬用おむつを履かせます。

犬用おむつでも、Sサイズで合うかどうかと言った感じです。

一度測ってみる必要がありますね。

自分のワンちゃんに、人間用おむつを履かせるべきか。

それは飼い主さんの判断に委ねられます。

人間用おむつなら、コスパが良いのがメリット。

そして安売りする事もあるでしょう。

尻尾の穴開けさえ失敗しなければ、しっかり尿を吸収してくれます。

犬用おむつは、まず失敗が無い。

サイズさえ気を付けていれば、履かせるのは簡単です。

しかし値段が高い。

量も少ないです。

でもおむつも買えないのであれば、犬を飼う資格は無いのかも知れません。

犬飼は、犬用は足元を見ていると思っています。

そのため、この記事を書いているのです。

人間用で代用が利くなら、それもありだと思うのですよ。

だから犬飼は、ひんしゅくを買われる可能性がある覚悟で、この記事を書いています。

でも。

本当は犬用おむつを履かせて下さい。

犬飼のワンコは、人間用おむつを履いて歩きにくそうにしていました。

最後は引きちぎり、脱ぎ捨てました。

これは犬として嫌だ、という事では無いのでしょうか?

まだボケていません。

それなのに人間の労働時間の関係で、おむつを履かせるのは人間のエゴでは?

そんな気させするのです。

ボケてからおむつを履かせるので良いのでは?

簡単におむつに頼るのは、ワンちゃんにとって幸せですか?

一度考えてから、おむつの使用をして下さい。

コメント

  1. […] *おむつの注意点 […]

タイトルとURLをコピーしました