トイレのしつけ

カテゴリー
ペット 犬

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2102696776387383″ crossorigin=”anonymous”></script>

基本の基本

目次

1:とにかく褒める

2:失敗は無視する

3:裏技?

1:とにかく褒める

ペットショップで買ったワンちゃんは、最初からトイレを覚えている場合が多いです。

ですからペットショップの生活のままにしておくと、自然と覚える場合が多い。

ペットショップで買ったワンちゃんは楽ですね。

ブリーダーで買ったワンちゃんも、ブリーダーが躾をしている場合が多い。

問題は貰ったワンちゃん。

全く分かっていない場合が多いです。

その場合、根気良く教えていきましょう。

まずはトイレを清潔にしておく事。

汚いトイレは、人間も嫌ですよね?

あとはワンちゃんの匂いを付ける事。

ワンちゃんの嗅覚はとても良いので、ほんの少しで良いです。

匂いを付けましょう。

そしてトイレのサインを見逃さない。

ワンちゃんはソワソワと落ち着きなく動き出したら、トイレのサイン。

そっとトイレに連れて行きましょう。

ワンちゃんは我慢が出来ないので、トイレでするパターンが多い。

たとえトイレでしなかったとしても、何度もトライしましょう。

子犬の内にトイレを教えておかないと、成犬になってからトイレを教えるのは厳しい。

若ければ若いほど、トイレを覚えます。

犬飼は保護犬を引き取ったので、トイレの躾は出来ませんでした。

成功したり、しなかったり。

成犬で引き取ったので、仕方ないです。

でも何度もトイレの場所を教えていく内に、成功率は少しは良くなりました。

トライ&エラーです。

そして成功したら、大げさな位褒めましょう。

何ならご褒美もあげても良いです。

もう天才犬だぞって位、褒めて下さい。

ワンちゃんは褒められるのが大好きです。

だから褒め殺しをする。

それが次の成功に繋がります。

犬飼もワンコがトイレをしたら、ご褒美をあげます。

今ではトイレを成功したら、報告に来る位です。

トイレに成功したら、褒めまくりましょう。

褒め殺しをすると、嬉ションをしてしまうかも知れません。

それはご愛敬という事にしておきましょう。

もう一度言います。

ワンちゃんは褒められるのが大好きです。

トイレで褒められたら、報告しに来るかも知れませんよ?

2:失敗は無視する

もし粗相をしてしまったら?

無視しましょう。

ワンちゃんも悪い事をした事を知っています。

それで叱ると逆効果。

隠れて粗相をするようになります。

失敗した時は無視。

ワンちゃんにとって無視は、精神的にダメージが大きい。

無視される位なら、今度はちゃんとしようと思うのです。

これも繰り返し。

失敗したら無視をして片付ける。

成功したら、褒め殺しをする。

これを繰り返すだけ。

すると段々とワンちゃんはトイレを覚えていきます。

根気が要りますが、トイレの躾は基本中の基本。

しっかり教え込みましょう。

あと粗相が止まらないという場合。

ワンちゃんの事をちゃんと構っていますか?

寂しい時、ワンちゃんは粗相をします。

わざと怒られようとするのです。

分かっているのにわざとやる場合は、このパターンが多い。

そういう時はスキンシップをたっぷりしましょう。

するとわざと粗相をするという事が無くなります。

あとは老犬の場合は、痴呆が入っている場合があります。

その場合はおむつで対応しましょう。

一度トイレを覚えたのに、粗相を目の前で繰り返す場合は、確実に愛情不足。

散歩をマメに連れて行ったり、遊んであげたり。

ワンちゃんはさみしがり屋です。

たっぷり愛情を注いで下さい。

その分、ワンちゃんは応えてくれます。

愛情を貰っていると安心すると、またトイレで用を足すようになります。

そこが猫との大きな違いですね。

3:裏技?

Hand drawn illustration of dog with diaper

トイレの躾をせず、最初からおむつで対応する場合。

おむつは早い段階で教えましょう。

おむつはワンちゃんにとって異物です。

洋服と同じ。

最初の頃に洋服を着せないで過ごしたワンちゃんは、洋服を嫌います。

それと同じです。

おむつにするなら、早い段階で教えましょう。

おむつを教えるメリットとしては、老犬になってからのおむつ対応が楽。

老犬になると痴呆を発病するワンちゃんがいます。

そうなると、トイレの場所を忘れます。

おむつの出番ですね。

最初からおむつを教えていれば、ワンちゃんは抵抗なくおむつをしてくれます。

若い頃おむつをさせていないと、老犬になってから大変です。

おむつの中でトイレをしてくれない。

おむつを脱ぐ。

おむつを破く。

…等の事をします。

犬飼の保護犬はおむつをしないで育ったので、老犬になった時は覚悟です。

仕方ありません。

犬用おむつは費用が高いですが、ちょっとした裏技があります。

女の子の場合のみですが、人間の新生児用のおむつで代用が利きますよ。

だから女の子のワンちゃんで、おむつを大量に使う場合には、人間のおむつを使うのも手。

新生児用だと100枚で売っていますからね。

尻尾の出る切れ目を入れてあげれば、立派な犬用おむつの完成です。

男の子は代用が利かないので、犬用おむつを買いましょう。

マナーウェアでも可。

ただし大量におしっこをするワンちゃんは、おむつの方が安全ですね。

そのワンちゃんに合った、おむつをしてあげましょう。

ただし、人間用のおむつは最終手段なので、安易に人間用を使うのはオススメしません。

あくまで犬は犬、人は人です。

ワンちゃんが女の子で、おしっこを大量にする場合のみ人間用を考えましょう。

これは犬飼の友人が教えてくれた、最終手段。

あまりオススメ出来ませんが、参考までに考えて下さい。

コメント

  1. […] 1、トイレのしつけ […]

タイトルとURLをコピーしました