おむつのデメリット

カテゴリー
ペット 犬

楽というだけで愛犬を苦痛にさせていませんか?

  • おむつのデメリット
  • 1、糞が毛に付く。
  • 2、膀胱炎になる危険性がある。
  • 3、ワンちゃんが嫌がる。
  • 4、トイレを覚えなくなる。
  • 5、陰部が腫れる。

男の子はマーキング防止のおむつを履かせると、比較的デメリットはありません。

しかしそれでも蒸れる事は忘れないで下さい。

そのため、マーキングをして欲しくない時にだけおむつをすると良いでしょう。

女の子のおむつは、陰部もおむつで覆うタイプになります。

糞を上手くおむつの外に排泄出来れば良いのですが、排泄出来なかった場合。

お尻の毛と絡み合って、悪臭の原因となります。

カットしたてなら、せっかく綺麗にしたのに台無しです。

せめて痴呆が入って、排泄が上手く出来なくなった時にしましょう。

飼い主の身勝手な理由で簡単におむつを履かせるのは、それはワンちゃんにとって幸せですか?

女の子は特にデリケートです。

膀胱炎になる原因にもなります。

痛いのは人間じゃありません。

あなたの愛する愛犬です。

ワンちゃんが苦しむ姿を見たいのですか?

男の子だってそうです。

いつも陰部をおむつで覆われていたら、腫れます。

当然痒くなるし、おむつが嫌になるでしょう。

おむつは最終手段にして下さい。

飼い主が楽をするために、長時間用のおむつが売られています。

でもそれは基本的には老犬。

若いワンちゃんには該当しません。

若いワンちゃんは、1~2回程度の尿を防ぐおむつなら良いでしょう。

しかし長時間履かせっぱなしは、如何なものか?

トイレに自力に行ける内は、おむつは避けるべきだと思うのです。

何故なら膀胱炎というリスクがあるから。

飼い主も己を律して、ワンちゃんと向き合うべきだと思うのです。

おむつを買うお金があるから、では無いのです。

おむつを買うお金があるなら、おもちゃを買った方がワンちゃんの幸せです。

そう思いませんか?

極論を言いますが、ペットは娯楽です。

ペットを飼わなくても、人間は生きていける。

しかしペットと共に生きる道を選んだという事は、ペットの一生を背負うという事。

生半可な気持ちで飼うなら、最初から飼わないべきです。

ただ可愛いから、で、飼ってはならないのです。

安易な気持ちでペットを飼うのは、罪なのです。

ワンちゃんのためを思うのなら、飼わないのも一つの手段です。

簡単に飼うという選択肢はしないで下さい。

ワンちゃんだって快・不快はあります。

無理やりおむつを履かせて、不快な気持ちにさせたいのですか?

それは本当に『飼っている』という事ですか?

楽して飼うという方法は、この世に存在しません。

あなたは本当に犬が好きですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました