注意すべき病気&ケガ

カテゴリー
ペット 犬

最低限、これは注意して!

目次

1:外耳炎

2:胃捻転

3:ノミ・ダニ

4:骨折

5:肥満

6:フィラリア

1:外耳炎

耳の垂れた犬がかかりやすい病気。

雨や雪の日に散歩すると、かかる事が多いです。

何故、耳の垂れた犬がかかりやすいのか?

それは湿気が溜まりやすいからです。

湿気が溜まるから、耳が汚れる。

耳が汚れて、耳垢が止まらなくなる。

特徴としては赤茶色で、臭いが臭い。

取っても取っても、赤茶の耳垢が取れない。

こうなったら、動物病院で薬を処方されるしかないです。

薬は耳に垂らす液体の薬。

大体1週間~10日後に完治します。

費用は大体3万円前後。

ただし重症化している場合は、もう少しかかります。

通院する必要は、ほとんどありません。

1回病院に行くだけで、完治する分の薬が貰えます。

ただし重症化している場合は、通院する必要が有。

耳の垂れているワンちゃんは、湿気の多い日の散歩を控えましょう。

室内も湿度が高いと、外耳炎になる可能性があります。

湿度には十分注意して下さい。

ワンちゃんにしてみれば、相当痒いらしく、外耳炎になると耳を掻きます。

中には血が出るパターンもあるので、早期治療が肝。

耳の立っている犬種でも、かかる事があるので、湿気の多い日の散歩は注意して下さい。

2:胃捻転

お腹を空かせて散歩させるのは可哀想。

だからご飯を食べさせてから散歩に連れていこう。

胃捻転(いねんてん)は、胃に食料が入っている状態で運動した時に起こる病気です。

胃が捻じれ、その部位が腐って死に至る恐ろしい病。

大型犬が起こりやすいとされていますが、Mダックスが胃捻転を起こした事例もあります。

胃捻転を起こすと、緊急手術となります。

1分1秒争う、危険な病気です。

胃捻転を防ぐには、散歩の前には何も食べさせないという事だけ。

ご飯は散歩の後にしましょう。

散歩の時はなるべく胃が空っぽの状態で行う事。

散歩の前にご飯を食べさせてしまった!

でも散歩させたい!

そういう場合は、3時間位時間を置いてから散歩に連れ出しましょう。

ただしそれでも胃捻転になる可能性はあります。

ご飯を食べさせたら、散歩は諦める。

それが一番安全な方法です。

犬の命を取るか、散歩を取るか。

散歩を1回パスしただけでも、急に老けたりしません。

逆に命がけで散歩して、あなたは楽しいですか?

3:ノミ・ダニ

散歩の時、犬はよく草むらに行きたがります。

草むらには、色々な虫がいます。

安全な虫から始まり、ノミ・ダニといった害のある虫もいます。

ノミは皮膚に炎症を起こし、塗り薬で治します。

時間はかかるため、あらかじめ予防薬を飲ませておくと良いでしょう。

首輪にノミを寄せ付けないようにする、というアイテムもあります。

確実に防ぐには予防薬を飲ませる事。

1回飲ませるだけで、1ヶ月は予防効果があります。

価格もそれほど高くありません。

ダニは犬に食いつき、血を吸います。

日本にいるのはマダニ。

大きなダニなので、自分で取れそうですが、絶対にやらないで下さい

無理やり取ろうとすると、ダニの頭が犬に付着したままになります。

動物病院で取って貰いましょう。

ダニも飲み薬で防ぐ事が出来ます。

体内にダニが死ぬ薬を飲むと、ダニは噛んだ途端死にます。

血を吸われないのです。

そのためダニによる貧血を起こさない。

ダニに血を吸われ過ぎると、最悪輸血する必要があります。

ダニに噛まれたら、自力で取らないで下さい。

特殊なピンセットが無いと、取れないのです。

草むらに近づけない事も大事ですが、予防薬を飲んでおく事も大切な事です。

4:骨折

これは子犬がなりやすい最も多いケガ。

子犬は力加減が分からないので、無理をする場合が多い。

成犬でも喧嘩で骨折する事があります。

どの場合もですが、飼い主の目を離した隙を付いて骨折する場合が多いです。

これは飼い主の注意不足からなる事が多い。

不可抗力もありますが、大抵は事前に防げるパターンが多いのが特徴。

費用は大体30~50万強。

これはあくまで目安であって、骨折した部位によっては、もっと高くなる場合があります。

骨折が怖いので、ペット保険に入る、という飼い主も多いですね。

ちなみに骨折は、大抵のペット保険の対象になります。

でも注意をしていたら、骨折するまでの大ケガはありえません。

特に前足を骨折した場合は、接骨が上手くいかないと歩けなくなります

骨折は飼い主の責任。

犬は悪く無いです。

もし骨折してしまったら、しっかり面倒を看ましょう。

なるべく動く範囲を狭め、必要最低限の動きだけで全てを賄えるようにする。

完治する期間は、犬種や骨折した部位・年齢によって変わります。

ですから一概にどのくらいとは分かりません。

獣医さんに相談しましょう。

そしてなるべく骨折させてしまうような、環境の家にしないのが最大の予防。

階段のある家なら、柵を付ける。

隙間はなるべく作らない。

家をごちゃごちゃと物を置かない。

ぶつかっても骨折しないよう、緩衝材を付ける。

防ぐ方法は色々あります。

骨折は犬にとって、とても大きなケガ。

骨折させないためにも、最大の注意を払いましょう。

5:肥満

病気だと思われないと思うでしょう。

しかし肥満も立派な病気です。

何故なら肥満は万病の元。

まずどの犬種も腰を悪くします。

そして心臓を悪くする事もあります。

犬は人間と違って、心臓移植は出来ません。

心臓が一旦悪くなると、そのまま死へと一直線。

どうやって肥満を防ぐか。

人間の食べ物を与えない事。

これに尽きます。

もし人間の食べ物を与えたい場合。

味付けは絶対にしないで下さい。

加工肉もNG。

ささみを茹でて与える位ならOK。

鶏むね肉でも可能ですが、その場合は皮をはがして下さい。

間違っても、塩味の付いた枝豆を与える等の事はしない。

ワンちゃんは人間の食べ物が大好き。

濃い味が好きなのです。

だからついつい飼い主が与えてくれる食べ物を、食べてしまいます。

ワンちゃんは悪くない。

人間の食べ物を与える、飼い主が悪いのです。

一度肥満になると、ダイエットするのは非常に難しい。

ワンちゃんのダイエットは、人間のダイエットより大変です。

ですから肥満になる前に、肥満を防ぎましょう。

これは絶対です。

最近はワンちゃん用のご飯は増えています。

わざわざ人間の食べ物を与える必要はありません。

だからワンちゃんのためにも、人間の食べ物を与えるのは止めましょう。

6:フィラリア

フィラリアはを媒介として、体内に虫が繁殖する病気です。

治す方法は手術しか無く、しかもワンちゃんにかなりの体力を奪います。

日本にはフィラリアはいないとされておりますが、海外にはまだいます。

もし海外旅行に行くなら、必ず予防薬を飲ませましょう。

予防薬は飲み薬です。

色々と種類があるので、ワンちゃんの飲みやすい薬を選んで下さい。

オススメはジャーキー味の飲み薬ですね。

多くのワンちゃんは、騙されてくれます。

手術費用もかなり高いので、予防は必須。

日本にいるからといって、予防薬を飲ませないというのは如何なものでしょうか?

一応、日本にはいないとされていますが、もし、フィラリアの蚊に遭遇したら?

ワンちゃんが刺されてしまったら?

予防は大切ですよね。

だから念のために予防をするのは大切でしょう。

犬飼はワンコには毎年予防薬を与えています。

ついでにノミ・ダニの予防もしていますよ。

散歩を毎日しますからね。

ただし冬は雪があるため、散歩は出来ません。

ダックスなので、埋もれるのですよ。

でも冬に蚊は居ないので、室内ドッグランに行く事はあります。

いずれにせよ、これはやや必須の予防かも知れません。

コメント

  1. […] 3、注意すべき病気&ケガ […]

タイトルとURLをコピーしました